ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

ドウロ渓谷ハーフマラソンーDouro Valley Half Marathon (Meia Maratona do Douro Vinhateiro)

2019/03/08
 
ドウロハーフマラソン
この記事を書いている人 - WRITER -

前回レグア(Peso de Régua)に行ったときにたまたま手にしたパンフレットを見て以来、広告主の思うがままに心を奪われ、参加を勝手に決めてお友達と家族を巻き添えにして登録したドウロ渓谷ハーフマラソン。走ってきました~!というのはウソで歩いてきました~!(笑)このハーフマラソン、ポルトガルの各主要都市で行われるのですが、そのうちの一ヵ所がここドウロ地方ドウロ川沿いのコースなのです。ハーフマラソン21kmとミニマラソン6kmの2つのメニューがあり、後者は走ることもできますが、ドウロの場合ウォーキング(Caminhada)も兼ねているので、大会規程では参加が認められていない18歳未満も参加でき、12歳以下は無料です(他の開催場所では、ウォーキングはミニマラソンとは別メニューとして設定)。登録はオンラインでできます。
https://www.runningwonders.com/meiamaratonadourovinhateiro/

朝10時半にレグアのダムから出発するために、まずドウロ博物館でチェックイン。ここで、ミニマラソンに参加する人は着用義務のあるTシャツとスナックの入った袋をもらい、レグア駅の前から出発地点まで輸送してくれるバスに乗ります。ちなみにハーフマラソン参加者は電車で移動です(マラソン出発地点は同じ)。

ドウロ・ハーフマラソン

朝から賑わう(いつもに比べれば)レグア駅前ー画期的!

ちなみに何時のバスに乗るのか登録時に入力することになりますが、特にバス内で管理はされていないので来たバスに乗れば大丈夫です。

さて、出発地点のレグアのダム近辺に着くともう既にものすごい人の群れ…。前に進めないしスタートまでまだ時間があるしで、しばらく木陰を探して待機。朝一で到達してダムの上で木陰もなくこの暑さに耐え忍んでいる人達を思うと…。

ドウロハーフマラソン

ここが最後列。ここから本来の出発地点のダムへ。

ドウロハーフマラソン

マラソン最前列、ダムの橋上は人でぎっしり

さあ、スタート時間の10時半!しばらく経つと少しずつ列が前進。すると、実はスタート前の人々の準備運動とエンターテイメントを兼ねて舞台上で踊っている人達が…ちょっとお付き合いしてからダムのスタート地点に向かってそのまま牛歩。

ドウロハーフマラソン

ノリノリのおねえサマ達と準備体操

なかなかスタート地点に到達しないので、記念撮影なんかしてみたり…。

ドウロハーフマラソン

ドウロ渓谷沿いの道を赤く彩る人々の群れ

ドウロハーフマラソン

ああー、やっとスタート地点に到達

ウォーキングというより、すっかり観光気分の私達。景観の良さそうなところに立ち止まっては記念撮影。でももちろん、このレース真面目に走っている人達もいますよー(↓↓↓)。

ドウロハーフマラソン

ドウロハーフマラソン

そして私達は右手に見えるドウロ川の風景を見ながら歩き続け、途中給水所で水をもらって、更に歩き続け…

ドウロハーフマラソン

ようやくゴールのレグアが近付いてきました。

ドウロハーフマラソン

レグアの街に向かう橋の上も大行列 ちなみにドウロ川向こうの橋のたもとが今マラソン大会駐車場

橋の上に着けば、もうあと一息。

ドウロハーフマラソン

橋の上からの眺めー放送局のヘリコプターとサンデマンの黒マント男

こうして、とても楽しみにしていたドウロ渓谷ハーフマラソンは無事終了。皆さん、お疲れ様でした!それにしても、ドウロでこんなに人見たの初めてだわさ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2020 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.