ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

トラズ・オズ・モンテス及びドウロ地方の気候ーClima de Trás-os-Montes e Douro

2018/04/29
 
雪のヴィラ・レアル
この記事を書いている人 - WRITER -

2月から比較的温暖な日が続きこのまま春になるのかな~、と希望的観測を抱いていたら、先週木曜日Vila Real(ヴィラ・レアル)では雪が降りました。たまたまPorto(ポルト)近辺在住の人と連絡をとったら、え~雪~?!みたいな反応。ポルトガルと言えば南欧で一般に比較的温暖なイメージがあるかと思いますが、いえいえトンデモナイ!!!百歩譲って沿岸部は温暖だとしても、同じ緯度で100km弱内陸に行けば、寒さに弱い私のような人間にしてみれば、普通に極寒です(あ、ちょっと大袈裟でした、すみません)。そして一見大したことのない寒さを更に苦痛にしているのは、何と言っても屋内の寒さ。毎年、年の瀬が近づくにつれて、やっぱり冬の間は屋内が暖かい国か南半球に一時避難したい~!!!と暖炉の前で長引く風邪と戦いながら心底叫びたくなる…いや実際に叫ぶ私です(笑)。

個人の家の屋内が寒い理由には、家の構造及び広さ、安くない光熱費(余談ですが電気・ガスの消費税はなぜか標準税率23%だったりします)、家庭の経済的事情があると思いますが、街のカフェでも普通に寒い。カフェで雑務をこなすのがここ最近習慣化している私ですが、冬のカフェは普通にコート必須です。それでも、冷える…。そんなとき正直、良きにつけ悪しきにつけ日本の豊かさを懐かしく思い出すのです(笑)。

という訳で、今後この地方に何らかの理由で足を踏み入れる予定のある方のために、そしておそらくここを訪れる可能性のある方はポルト経由だと思われるので、沿岸部ポルトとの比較も含めて、この地方の気候について予備知識をお伝えしておきます。

下のグラフは、東京(緯度35度)、ポルトガルのポルト(緯度41度沿岸部)、ヴィラ・レアル(緯度41度、ポルトから東、内陸方向へ約100km弱)、ブラガンサ(緯度41度、ヴィラ・レアルから北東へ約100km強)の平均最高気温、平均最低気温、平均降水量です(Weatherbaseから数値引用)。平均最高気温

平均最低気温

平均降水量

こうしてみると、トラズ・オズ・モンテス及びドウロ地方の気温についてはほぼ東京と変わりませんね…すみません、やっぱりかなり大袈裟でした(笑)。まとめるとトラズ・オズ・モンテス及びドウロ地方の気候の特徴は以下のような感じでしょうか。

  • 夏は涼しく冬は温暖なポルトよりも、夏は気温が高く、冬は気温が低い。
  • 最高気温は極めて東京と近似している。
  • 東京に比べて、夏でも最低気温が低く、朝晩は冷え込む。
  • 梅雨や台風の季節がある東京に比べて、ポルトガル北部の夏は乾燥している。そのためか、太陽の光が痛く感じる。
  • 逆にポルトガル北部の冬は雨がしとしと降り続く。

以上、ポルト経由で旅行にいらっしゃる方は、是非ご確認ください!お会いできるのを楽しみにお待ちしております!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2020 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.