ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

ポルトガルのタコの食感

 
blog-polvo
この記事を書いている人 - WRITER -

「このタコ柔らかくて最高だね!」義母の作ったタコご飯(リゾット)を食べながら横で夫はご満悦。義母の家庭料理は美味しい。その辺で食べるレストランの食事なら、義母のご飯の方が断然美味しい、と私も常日頃思っています。そこは疑いの余地なし。しかーし、タコの食感という意味では、ポルトガルで好まれる食感にはかなり違和感があります。

皆さん、タコ食べますか?私は大のタコ好きで、日本にいるときから、スーパーで生食用と書いてあるタコのパックを買ってきては、家でぶつ切りにしてささやかな独りご飯を楽しんでいました。そして、ここポルトガルでもタコは比較的よく食べられます。レストランでもタコのサラダ(マリネ)は定番だし、スーパーに行けば、鮮魚売り場でも、冷凍食品売り場でも、丸ごと一杯で売っています。日本から来た当初は、いやこんなにいらないんだけど…とその大きさにひるんだものですが、今や丸ごと買って帰っては、茹でて切り分け冷凍庫で保存、必要に応じて解凍して食べています。

そんなタコ好きの私は、ポルトガルに来て間もない頃、タコで有名とガイドブックに載っていたポルトのレストランに一人タコを食べに行きました。お昼時店内はほぼ満席で、思いがけなく同じガイドブックを持った日本人の方と知り合いになり、一緒に楽しくお食事させて頂きご機嫌♪だったのですが、出てきたタコを口にして「ん!?」

帰宅して夫に「レストランどうだった?」と聞かれた私は思ったまま素直に「(味云々ではなく)タコが柔らかいんだけど…」と一言。私にとってタコはこの硬めの食感が大切なのに、そこで食べたタコは全部柔らかかったのです。グミだって食感。柔らかさはタコの味わいを大きく低減させるだろう!今後何十年か先、硬い物が食べられなくなる日が来るまで、硬めの(ゴムみたいに嚙み切れないのではないですよ笑)タコを食べていたい。

そんな我が家では、タコを買ってくると、つい最近までちょっとしたバトルが繰り広げられていました。夫が茹でる(というより、煮る?アグアルデンテで水なしで煮ると柔らかいタコが出来上がります)とポルトガルで好まれる柔らかめのタコが、私が茹でると日本で一般的な(と思い込んでいる)硬めのタコが出来上がるからです。皆さんはどんな食感のタコが好きですか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2021 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.