ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

ヴィラ・レアルのサン・ジョアン祭とWTCCーFesta de São João e WTCC em Vila Real

2018/04/29
 
WTCC(ヴィラ・レアル)
この記事を書いている人 - WRITER -

ぼやーっとしているうちにもう随分過去のことになってしまったのでこの話題は今回はスルーしようかと思ったものの、何と今年は日本人ドライバーが来てくれたので、歓迎の意を表して遅ればせながらWTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)について書いておこうと思います。ヴィラ・レアルが1年のうちで一番賑わうと言っても過言ではないWTCCが今年も6月24日・25日に、そしてサン・ジョアン祭がその前夜6月23日に開催されました。

サン・ジョアン祭といっても、ここヴィラ・レアルのサン・ジョアン祭は、ポルトのようにトンカチで頭を叩かれる訳でもなく、紙風船や華やかな花火が打ち上げられる訳でもなく、街のメインストリート、カルヴァーリョ・アラウージョ通り(Av. Carvalho Araújo)で鰯の炭火焼きを皆で食べよう♪というささやかなイベントで、WTCCに参加するレーサーを招いて行われる前夜祭と言った方がしっくりくるかもしれません。

という訳で、我が家も祭りの気分を味わうべく今年も鰯を食べに出掛けることに。基本的にヴィラ・レアルで晩御飯を食べるのに予約はいらないのですが、この日は鰯を食べるのにも予約を受け付けます。とは言え、当日だともう予約は締め切りとか言われてしまったりするので、少し早めに出掛けて行って席を確保することに。

サン・ジョアン祭

午後7時、まだまだ人はまばら

サン・ジョアン祭

文字通り鰯を炭火で焼いていますーわざわざ手を止めさせちゃいました…スンマセン

サン・ジョアン祭

聖ヨハネもフィーバー?

メインディッシュは言わずと知れた鰯の炭火焼き。付け合わせは定番のパプリカとジャガイモ。締めはカルド・ヴェルデ(ジャガイモとポルトガルキャベツのスープ)。箸持ってくれば良かった…在葡6年弱、魚をフォークとナイフで食べることにいまだに不自由を感じてしまう残念な私…とほほ。

サン・ジョアン祭

オリーブオイルとヴィネガーはお好みで

午後8時、座席も大分埋まって来ました。

サン・ジョアン祭

食事を早々に終え、メインストリートの出店を見て回ることに。

サン・ジョアン祭

WTCCにちなんだワインもあれば

サン・ジョアン祭

サン・ジョアンともWTCCとも関係ない腸詰も

晩御飯の白ワインに続き、近くのヴィラ、サブローザ(Sabrosa)のモスカテルを試飲させてもらいすっかりほろ酔い気分。続いてWTCCのメイン会場に向かうことに。WTCCに参加する車が、ショッピングモール前と劇場裏の広場一帯に止められています。24日・25日の本番はこの場所一帯の入場が制限されるので、パスなしで車を見て回るなら本番前夜が狙い目なのです(笑)。

WTCC(ヴィラ・レアル)

レースに向けて最終調整

WTCC(ヴィラ・レアル)

こっちでも

そして、WTCCメインレースのツーリングカーが置かれているパーキングセクションへ。のんびり眺めながら進んで行くと、何と日の丸!え、日本人が出るの?ヴィラ・レアルで日本人に会うなんてことほぼないので、すっかりテンションアゲアゲな私。サン・ジョアン祭の会場でヤジウマ扱い覚悟で来賓席に立ち寄ればよかったと(挨拶できるかも分からないのに)大後悔…。俄か愛国心全開で、「ミチガミ・リョウ頑張れー!」

WTCC(ヴィラ・レアル)

最後に、ポルトガルのスター、ティアゴ・モンテイロ(Tiago Monteiro)の車を拝み見学終了。この後、家に帰ってポルトのサン・ジョアン祭の花火をテレビ中継で見て就寝。

WTCC(ヴィラ・レアル)

25日の本番レースは家でテレビ観戦(笑)。道上龍さん、オープニングレース途中までいいところにつけていたのにタイヤ・トラブルで残念でしたね…。本当にお疲れ様でした!ポルトガルのスター、ティアゴ・モンテイロは2レースとも表彰台入り。ちなみにヴィラ・レアル大会の入賞トロフィーはBarro Preto de Bisalhãesでしたね。暑い中、皆さんお疲れ様でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2020 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.