ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

ポルトガル義務教育の教科書

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「前年度の教科書を返却するように言われて、今年度の教科書をもらったんだけれど、前年度の使い古しで書き込みが酷く、貰ったとたんに家で消しゴムで書き込み消去作業…これって普通なの???」聞かれたものの何も答えられずに家でネット検索。それで分かったのは、昨年度(2018年9月~)から、今まで各家庭で個別に購入しなければならなかった義務教育の教科書が無償供与されることになった(基本的に公立学校)、ということでした。

ちなみに、ポルトガルの義務教育は、1º ciclo(1~4年生)、2º ciclo(5~6年生)、3º ciclo(7~9年生)、Secundário(10~12年生)です。尚、一旦無償で供与はされるのですが、年度末には、書き込みはきれいに消して学校に返却する、というシステムなので、無償貸与と言った方が適切でしょうか。なので、本来は返却時に使用者がきちんときれいな状態にする、とは言え、やらない人もいるだろうから、学校が教科書の状態を確認して受け入れをするべきであって、それがなされないと翌年度以降に再利用する人が無駄な時間を取られるという冒頭の話になる訳ですね。

で、我が家も今年から晴れて息子が小学1年生。どうやって教科書をもらうんだろうと、とりあえず学校に出向きました。すると、MEGAというシステムに登録をしてくれて(自宅で自分で登録することもできます。もし登録してもらう場合には保護者の納税者番号、Portal das finançasのパスワードを忘れずに持って行きましょう)、バウチャーをプリントアウトしてもらいました。このバウチャーに、QRコードが出ている科目の教科書は、このバウチャーを本屋に持って行けば、本屋から教科書を注文してもらえます。もし、QRコードが出ていない科目の教科書があれば、QRコードが出るまで待ちます。

この日、発行されたバウチャーには3科目のうち2科目にQRコードが出ていたのですが、1科目はまだ出ていませんでした。待つこと数日。ある日MEGAにアクセスすると、登録されている生徒が保護者の納税者番号と正しくリンクしていないので、学校に問い合わせるように、という指示つきのエラー。仕方ないので、学校に行って確認してみたら、登録は正しくされている、とのこと。MEGAシステムは地方の管轄ではないからここではどうしようもないので、MEGAシステムの情報が更新されるのを待て、と言われて腑に落ちないまま帰宅。そうするうちに学校の人が言っていたように水曜日に情報が更新され、エラー情報はなくなりました。

これでやっと、MEGAシステムのバウチャーが見れると見てみると、残りの一冊は中古の教科書を学校に取りに行くように、との指示。学校に電話すると学校で中古本を配布しているとのことで早速取りに行くことに。ところが、実際学校に着いてみると、1年生は新品の本が貸与されることになっているから、もうちょっと待ってみるように、と言われ、でも来週には学校が始まるんだけど!と抗議しても肩をすくめられて終了。また、腑に落ちないまま帰宅。

誰に連絡をとったらいいのか分からないまま悶々としつつ9月10日、たまたま近所のスーパーで出会った1学年上の子供を持つママと立ち話しをして分かったのは、去年同じような状況で待ってみたら2週間後に中古本が新品の本にMEGAシステム上更新された、ということ。やっぱりとりあえず待てばいいのか…。「それより、たまたま学校関係者の知り合いから学校が始まる前日の9月12日に保護者説明会が開催されると耳にしたんだけれど、何も連絡ないよね」と言われ、9月6日に学校に電話したときには、まだ保護者説明会の日程は決まっていない、と言われたことを思い出す。9月11日昼間に連絡があるかと待ったけれど何もなかったので、当日電話してみたら18時から説明会があるとのこと。一応校舎の前に貼り出して、HP上で告知したというのが学校側の言い分だけれど、過去にHP上にそのような情報が公開されたことはないし、そんなんで本当に人が集まるのだろうか???…と他人事ながら心配になりましたが、これがちゃんと集まるんですね。

ちなみに、こちらの公立学校では、毎年新年度開始日が変わるのですが(毎年設定される1週間程の新学期開始期間から学校が選んだ日が各校の開始日となる)、この日程をどうやって知るかというと、息子が通う校区では、それこそ各人が学校に電話する、又は知り合い同士の口伝えで伝わっていくという前近代的手法で、私も何となく聞いていた情報をもとに9月6日に学校に電話で確認。すると、聞いていたのより1日早い。ああ、良かった、ちゃんと聞いておいて!

そして9月11日夜、やっとMEGAシステムのバウチャーに待ちに待った新品教科書のQRコードが発行されているのを見つけホッ。でも13日には学校始まるんだけど…。実際に教科書が届くまで1週間以上はかかるしなあ…。12日の保護者説明会の時に一応先生に教科書がまだ揃っていないことを伝えると、「大丈夫、大丈夫」。ポルトガルに住んで8年経つけど、いまだにこの文化に完全には馴染んでいない自分を感じる私…。

今回の件で学んだこと。まず7月または8月の指定された時点でMEGAシステムに登録してバウチャーを確認しに行くこと。我が家のようにのんびりしていると(8月26日にMEGAシステムに登録)、学校が始まる直前に教科書がない、ということになりかねません。次に、MEGAシステムは、正直よく分かりませんが実際のところ情報が更新されていきます。もし、新品の教科書がもらえる学年であることが分かっているなら、システム上中古品が割り当てられていても、新品が割り当てられるのをしばらく待ってみたらいいかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2020 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.