ドウロ、トラズ・オズ・モンテス地方の愉しみ方

ポルトガル、バイラーダ地方で子豚を食べるーComer leitão assado à Bairrada

2019/03/09
 
バイラーダ風子豚の丸焼き レイタン
この記事を書いている人 - WRITER -

先日はお呼ばれランチ、私の好物の子豚のロースト、レイタン(leitão)でした。まだ通貨がペセタだった時代にスペインのセゴビアで子豚を食べて感動して以来、私は子豚と聞くとちょっとワクワク、インドネシアのバリでバビグリンを食べ損ねたことをいまだに悔やみ続ける、まさに色気より食い気(とほほ)。このレイタン、通常我が家はレストランで食べますが、家で食べたければテイクアウトも可能なので、今回のようにバイラーダ地方近辺のお家にお呼ばれするとこういうご飯もあり得るのですね。本日は前菜にカビデーラ・デ・レイタン(Cabidela de leitão)が出てきました。昔一度食べたときにはイマイチだと思いましたが、今回は美味しい!と独り占め状態…ゴメンナサイ(軽く反省)。

バイラーダ風レイタン

大量のバイラーダ風子豚の丸焼き(Leitão assado à Bairrada)

レイタンのモツ煮込み

子豚の臓物(心臓、肺、肝臓など)を煮込んだカビデーラ・デ・レイタン(Cabidela de leitão)

このレイタン、もちろんレストランで食べられます。アヴェイロとコインブラの間にメアリャーダ(Mealhada)という街がありここを中心に国道1号線(EN1又はIC2)沿いに多くのレイタンのレストランが並びます。我が家では最近はいつも”Nova Casa dos Leitões(ノヴァ・カーザ・ドス・レイトンイス)” 。大型観光バス客も収納できてしまう程大箱のレストランで残念ながら風情もおしゃれ感も全くないですが、週末や夏休みは予約しないと列をなす程の人気で回転するので、出てくるレイタンは新鮮。レイタンは人数分を見積もって出してくれます(値段はkg単位)。レイタン自体に味はついていますが、専用のソースもあるので頼めば出してもらえます(無料)。付け合わせのポテトは所謂ポテトチップ状の薄くて丸い形のものか、フライドポテト状の細長い形のものか聞かれるのでお好みに合わせて。地元産のスプマンテ(espumante)とご一緒にどうぞ。

バイラーダ風子豚の丸焼きーレイタン

この無骨なパンがなかなかおいしい

バイラーダ風子豚のローストーレイタン

ついついオーダーしてしまうレイタンの心臓(Corações de leitão)

バイラーダ風子豚のロースト

付け合せにポテト、サラダ、そして口直しのオレンジ(レイタンは脂たっぷり)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

©Copyright 2020 ポルトガルー地味な街の地味な情報備忘録 All Rights Reserved.